旅館業(民泊)許可なら行政書士大島法務事務所へお任せください!(京都・大阪・滋賀・奈良)

HOME > 旅館業許可(民泊許可)申請サポート 京都 滋賀 > 施設の設置場所・設備要件

施設の設置場所・設備要件

施設の設置場所


旅館等の設置場所が、下記施設の敷地周囲おおむね100mの区域内にある場合において、その設置によって当該施設の清純な施設環境が、著しく害されるおそれがあると認められるときは、旅館業営業の許可は取得することができません。
※下記のものは、あくまで一例です。
お客様のご事情に応じて必要な書類は変わってきますので、詳しくは当事務所までお問合せください。  

【学校教育法第1条に規程する学校 (大学を除く)】
幼稚園、小学校、中学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校、高等専門学校
【児童福祉法第7条に規定する児童福祉施設】
助産施設、乳児院、母子生活支援施設、保育所、児童厚生施設、児童養護施設、知的障害児施設、知的障害児通園施設、盲ろうあ児施設、肢体不自由児施設、重症心身障害児施設、情緒障害児短期治療施設、児童自立支援施設、児童家庭支援センター
【その他社会教育に関する施設で、都道府県の条例で定めるもの】
図書館、公民館、都市公園、博物館、スポーツ施設など

100mの区域内にある場合には、絶対に許可が取得できないというわけではありません。
ただしそのためには、上記施設等から客室又は客に、ダンス若しくは遊技をさせるホールその他の設備の内部を見とおすことを遮る設備を有することが求められます。
こうした設備を設ければ、旅館等の設置場所が上記施設の敷地の周囲おおむね100mの区域内にある場合であっても、営業が許可される可能性があります。  

施設の設備要件


許可を受けるためには、旅館業法や都道府県の条例等の構造設備の基準に適合する必要があります
ホテル営業、旅館営業、簡易宿所営業、下宿営業により基準が異なります。  

旅館業の許可手続きを代行 ホテル営業の構造設備基準
1 洋式の客室を中心として客室が10室以上であること
2 洋式の構造設備による客室は次の要件を満たすものであること。
  • 1客室の床面積は、9u以上であること。
  • 洋式の寝具を主とする施設。
  • 出入口及び窓は鍵をかけることができるものであること。
  • 出入口及び窓を除き、客室と他の客室、廊下等との境は、壁造りであること。
3 和式の構造設備による客室の床面積は、それぞれ7u以上であること。
4 宿泊しようとする者との面接に適する玄関帳場その他これに類する設備を有すること
5 適当な換気、採光、照明、防湿及び排水の設備を有すること
6 宿泊者の需要を満たすことができる適当な数の洋式浴室又はシャワー室を有すること
7 宿泊者の需要を満たすことができる適当な規模の洗面設備を有すること
8 適当な換気、採光、照明、防湿及び排水の設備を有すること
9 便所は、水洗式であり、かつ、座便式のものがあり、共同用のものにあつては、男子用及び女子用の区分があること
10 その他都道府県(保健所を設置する市又は特別区にあつては、市又は特別区。)が条例で定める構造設備の基準に適合すること
旅館業の許可手続きを代行 旅館営業の構造設備基準
1 和式の客室を中心として客室が5室以上であること
2 和式の構造設備による客室の床面積は、それぞれ7u以上であること。
3 洋式の構造設備による客室は次の要件を満たすものであること
  • 1客室の床面積は、9u以上であること。
  • 洋式の寝具を主とする施設。
  • 出入口及び窓は鍵をかけることができるものであること。
  • 出入口及び窓を除き、客室と他の客室、廊下等との境は、壁造りであること。
4 宿泊しようとする者との面接に適する玄関帳場その他これに類する設備を有すること
5 適当な換気、採光、照明、防湿及び排水の設備を有すること
6 宿泊者の需要を満たすことができる適当な数の洋式浴室又はシャワー室を有すること
7 宿泊者の需要を満たすことができる適当な規模の洗面設備を有すること
8 適当な数の便所を有すること
9 その他都道府県が条例で定める構造設備の基準に適合すること
旅館業の許可手続きを代行 簡易宿所営業の構造設備基準
1 客室の延床面積は33u以上であること
2 階層式寝台を有する場合には上段と下段の間隔は、おおむね1m以上であること
3 適当な換気、採光、照明、防湿及び排水の設備を有すること
4 当該施設に近接して公衆浴場がある等入浴に支障をきたさないと認められる場合を除き、宿泊者の需要を満たすことができる規模の入浴設備を有すること
5 宿泊者の需要を満たすことができる適当な規模の洗面設備を有すること
6 適当な数の便所を有すること
7 その他都道府県が条例で定める構造設備の基準に適合すること
旅館業の許可手続きを代行 下宿営業の構造設備基準
1 適当な換気、採光、照明、防湿及び排水の設備を有すること
2 当該施設に近接して公衆浴場がある等入浴に支障をきたさないと認められる場合を除き、宿泊者の需要を満たすことができる規模の入浴設備を有すること
3 宿泊者の需要を満たすことができる適当な規模の洗面設備を有すること
4 適当な数の便所を有すること
5 その他都道府県が条例で定める構造設備の基準に適合すること

お手続きの流れ


相続なら京都のgsoj行政書士大島法務事務所16

相続なら京都のgsoj行政書士大島法務事務所17

遺言、相続、協議離婚、会社設立の京都,大阪,滋賀の専門家まずはご連絡ください


ページの先頭へ


旅館業(民泊)許可申請サポート 京都,滋賀  by  gsoj 行政書士 大島法務事務所

〒604-8422 京都市中京区西ノ京東月光町4番地26
電話 075-204-8563