旅館業(民泊)許可なら行政書士大島法務事務所へお任せください!(京都・大阪・滋賀・奈良)

HOME > 事務所概要 > プロフィール

プロフィール

ごあいさつ

相続なら京都のgsoj行政書士大島法務事務所の大島真一 この度は、旅館業(民泊)許可申請サポート 京都・滋賀をご覧いただき、誠にありがとうございます。
旅館業(民泊)許可申請サポートを運営している、gsoj行政書士大島法務事務所の大島真一と申します。

お客様が抱えている問題は多種多様で、それぞれの問題に対しての解決方法も違っています。
それぞれのお客様にとって身近に相談できる事務所を目指しており、お客様と同じ目線に立ち、専門家だからこそできるきめ細やかな気配りで、親切丁寧なアドバイスや助言を行っております。

お客様の多種多様な問題で、心身ともに疲れ果てた内容の話を数多く聞いています。
相談に来られた方々の話を聞いていると、私自身が心苦しくなることがあります。
そんな話を聞いていると「私がお力になることで、お困りの方を1人でも多くの問題を解決したい」と、私は心に誓いました。

お客様のお悩みに真摯に耳を傾け、お客様のお役にたてることは何か、と言う事を考え、お客様の立場に立って一番良い問題が解決できる方法を提案し、全力でサポートさせていただきます。

行政書士には法律により守秘義務が課せられています。

どうぞお気軽に声をかけてください

学歴

埼玉工業大学 工学部 電子工学科 卒業

立命館大学大学院 法学研究科 単位取得

経歴

大学卒業後、アミューズメントの会社に就職する。
娯楽関連のお店の仕事に携わる。その後、班長、副主任、主任、マネージャーなどの従業員の管理をする職に携わる。
また、主任のときより店舗の売り上げと利益を操作する技術を学びながら実践した業務を任される。
27歳でマネージャーに昇進するとともに店舗責任者になり、29歳でお店の店長となり自身でお店の売り上げ管理やイベントの企画立案、従業員教育などを行いながら、店舗の運営管理の業務を行っていた。
その後本社の営業部営業企画課に配置転換となり、イベント企画などの業務を担当する。その後、本社の営業部で数店舗を管理するエリアマネージャーとして、運営管理職業務を担当し、後輩の指導育成も同時に行い、数店舗のマネージメント業務や合同イベント企画などに携わる。
このころより、行政書士に対して興味を持ちはじめ、行政書士の試験勉強を仕事の合間に始める。
平成20年度の行政書士試験に合格。
その後、会社を辞めて行政書士事務所の設立準備にとりかかる。
平成21年6月、gsoj 行政書士 大島法務事務所を設立する。

資格

行政書士 (平成20年度試験合格)

所属

日本行政書士会連合会 登録番号 : 第09271055号

京都府行政書士会 会員番号 : 第2202号

登録

法務大臣承認 入国管理局 申請取次者

文化庁提出名簿登録 著作権相談員

大阪府警察登録 不当要求防止責任者

行政書士を目指した理由

大島 真一

ページの先頭へ


旅館業(民泊)許可申請サポート 京都,滋賀  by  gsoj 行政書士 大島法務事務所

〒604-8422 京都市中京区西ノ京東月光町4番地26
電話 075-204-8563